読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメザリが売れるまでやめない予定のブログ

タイトル通り、お笑い芸人アメリカザリガニさんについて書くブログ。松竹のほかの芸人さんについても書く予定。ファンが一人でも増えるその日までがんばる。

Japan in Motionという(アメザリファンにとって)神番組をぜひ見てほしいという話

 

お久しぶりです。

マイペースな更新ですが今年もよろしくお願いします。

(前回のアメザリ独演会のレポ書きそこねましたすいません)

 

わたくしごとではありますが、新年早々に風邪をひきました。

お仕事も休むことになってしまったし、外出もできないので、

昨日からご飯食べて寝て、あとはPCとスマホを見るだけの生活で……

 

そこで、せっかくなのでアメザリさんの動画を見漁るか!

と、久しぶりに

「Japan in motion」という番組の公式配信動画を見てました。

 

Japan in Motion France

 

↑これがその番組サイト(フランス版)です。

番組サイトには日本語版もあるのですが、動画があるのはフランス版なので

こちらを開くことをおすすめします。

 

「Japan in Motionは、テレビ新広島・TSSプロダクションが製作し、外国の方々にもっとニッポンを好きになってもらうためにスタートしたジャパン紹介番組です。観光情報・グルメ・歴史・J-POP・ファッション・カルチャーなど、ガイドブックに載っていない「今のニッポン」を紹介、現在、フランスとタイと国内各エリアで放送しております」

日本版サイトには以上のように書かれてます。

番組の内容は海外の方向けですし、字幕もフランス語なのですが、

中身の部分は音声も日本語ですので、

「柳原さんの声が渋い声に吹き替えられてる!?」

なんてことはありませんのでご安心を。

 

タイトルに「神番組」なんて大げさに書いちゃってますけど、

この番組のなにがそこまで神なのかというと、

 ・動いているアメザリさんがFull  HD 画質で見られる!(これは大きい)

 しかも無料で! 期限なしで!

 テレビ局制作のちゃんとした番組でこれはありがたい。

・もてなさねばならないゲストもおらず、基本的に素人の方が多いので、

 基本的にほのぼのしている そして二人でいちゃついている

・フランス語の勉強もできるよ!(個人差があります

以上のような点があるからです!…ほんとに個人的な意見ですがw

 

よし、では見るか、と番組のページから動画サムネをクリックして観ようとすると、

いきなりフランス語の動画サイトにぶつかるので「えっ、これ大丈夫?」とか、

「あれ、この動画公開されてないの?」と不安になるかたもいると

思われます。

そこでちょっと見方の説明を。

 

f:id:warakura_fan:20170111000629p:plain

 ↑

上記の丸で囲まれた部分のボタンをクリック

 

f:id:warakura_fan:20170111000810p:plain

 

初めてサイトを使う方は左側に自分の好きなユーザーネーム、パスワード、メールアドレスを入れてボタンをクリックすれば登録完了です。

いまのところ迷惑メールは気になってませんが、念のためYahooなどでサブアドレスを作ってそれで登録すれば安心だと思います。

一度登録した方は右側のほうにユーザー名とパスを入れればOKです

 

 

サイトに表示されている動画のサムネだけでは「どの回にアメザリさんが出てるんや・・・?」とわからないと思うので、

登場回とその内容をざっくりリストにしてみました。(もしかしたら抜けているかもしれません)

 

シーズン10

#22
スラックライン(ゴムジャンプ)

#23
おしぼり

#24
風船おじさん

#25
フルーツアート

#28
裁縫アート

#29
能面大道芸

#34
折り紙

#35
みかんアート


シーズン11

#1
ふんどし

#2
輪ゴム鉄砲

#7
UFOを呼ぶ

#9
カンフー

#10
ガラス集め

#11
発明家

#12
野菜の楽器

#15
迷路アート

#19
手に描くイラスト

#25-27
芸人審査

#28
ミニチュア

#32
飴細工

#33
美顔体操

 

全部すばらしいのですが、個人的おすすめは

シーズン10 #22 シーズン11 #9 です

すごく微笑ましくてたまらんです

f:id:warakura_fan:20170111002718p:plain

f:id:warakura_fan:20170111002738p:plain

 

みなさんもお暇がありましたらぜひ見てみてくださいー

 

 

 

それにしても……大学の時フランス語もう少し勉強しておけばよかったなー……

 

 

 

【漫才セブン 2016.09.10 アメザリびいきなライブレポ】

 

【漫才セブン 2016.09.10 アメザリびいきなライブレポ】

 

≪ご注意≫

・非常に残念な記憶力と偏った目線によるレポート。

・文章のテンポ上敬称略してるところあります。
・無意識にしったかぶりしている可能性あり。

アメザリさんを見ていてほかの芸人さんがよく見えてないところあり
・抑えきれない、オタクの血筋がにじみ出る文章センス。単芝は煽りではないのです…。

以上の要素を含みますのでご了承ください。
なにか間違いや「ここはこうじゃない?」といったご指摘がありましたら、
コメントなどで教えていただけると幸いです。

※誰が発言したのか忘れてしまった言葉はカギかっこの前後に名前を書いてません。

 補足あるとありがたいです……。

※カギかっこ内の言葉づかいや語尾などは半分創作に近いです……。

 

【前半・くじ順漫才】
ネタ順
 ザ・たっち→ますおか→オジオズ→なすなか→アメザリ
 若手枠 じなんぼ~いず、アゲイン

 

アメザリは「怪談」ネタでした。
(先日のアメザリノライブでもかけていたネタですね。)
 
登場してすぐ、客席からなぜかざわざわと起こる謎の笑い
平「なにに笑ってるの? 声? 体型?w」
近くにいたお客さんたちが「声高いね……w」とつぶやいていたので、
たぶん柳原さんの声にまだ耐性(?)がついていない人にヒットしたのかとw

相撲取りの声(タクシーのネタなどで平井さんがやっているアレです)をやっているあいだ、だんだん顔が赤くなってた平井さんw
声を出すのが苦しいのか、それともお客さんが比較的静かだったので恥ずかしくなってしまったのか……w
平「面白かった?w チャレンジですわ」
と言っていましたw

柳原さんが怪談噺をしているあいだ、ずーーーーっと平井さんは客席のほうを
ぼーーーーっと見ていましたw 相槌もなしw
真顔の平井さんちょっとかっこよかったな……(個人の感想です)
怪談話の入りのときのエエ声がほんとエエ声。

 

【後半・企画「東京オリンピック漫才」】


4年後の東京オリンピックに向けてプレゼン的な漫才をしよう、というコーナー。
くじ引きで即席コンビをつくり(ボケツッコミは関係なし)、
お題BOXから引いた競技名をテーマに漫才を即興で披露する。

 

客電が明るくなったのでもしや?と思ったら、客席入口のほうから、
松竹芸能のマークが描かれた小さな旗をもって皆さんが登場。
増田さんのは大きい旗でした。
(あの松竹旗、売ってほしいなぁ……)
ザ・たっちのお二人はちゃんとホリプロの旗をもって、松竹勢より少し後ろから
登場してました。芸が細かい。

 

アメザリのお二人はいつも通り舞台の上手端に平井さん、下手端に柳原さん。
二人とも旗をくるくる回してました。(途中、中西さんもくるくるしていました)

松竹の皆さんと並ぶとたっちのお二人のまあ可愛いらしいこと!
増田さんよりも小さいのですねー。
しかし「増田さんが持つと旗が大きく見えますねw」とw

 

たっちの二人は岡田さんから(増田さんだったかな……思い出せない)もらったという
「裂けるチーズ」のギャグをやったところ、篠宮さんが突如新たなギャグを伝授し始めるw
まあまあ時間をとってようやく完成したのは、篠宮さんがたっちの二人の間にチョップするように手を振り下ろすと「パッカーン」と二人が竹のように割れる、というギャグ。
これだけのギャグのためにあんな時間は要らないと総ツッコミw

 

服装の雰囲気が似ている(シャツにネクタイに七分丈ズボン)こともあって増田さんとたっちの二人で並んでみるとトリオのような雰囲気にw
さらにそこにまた服装の雰囲気が似ている柳原さんが加わって四人に増えると、
四人で「ちょっとちょっと」を。
(そこに篠宮さんがパッカーンをやろうとして不発に終わるw)
柳原さんも比較的身長は低めなほうではあるのですが、あの三人と並ぶとちょっと大きく見えました。

 

名前BOXから名前の書かれた小さなボールを引くのですが、
その前に「たくや(兄)とかずや(弟)が途中で入れ替わってしまったらどうなるのか」という疑問が。
それに対しての回答は、
二人「大丈夫です。入れ替わっても能力は変わらないので」
柳「もう少し個性を出しなさいよw」


最初のコンビは那須さんとたくやさん。
見た目が上司(たくや)と部下(那須)っぽい、ということから
コンビ名は「上司と部下」にすぐ決まりましたw
平「コロコロコミックの漫画にいてそうw」
小さい上司と大きな部下。たしかにそんなキャラが出てくる漫画ありそうですね。

お題は「棒高跳び」。
上司と部下の二人が袖にハケて、いざ漫才開始、というときに、
出囃子としてゆずの「栄光の架橋」のサビが流れ出す。
すると、上手端から二番目にいた高松さんが「いくーつもーのー♪」と口パクで熱唱しながら、舞台中央のほうへ歩き出すw
それを後ろ襟をひっつかんで止める柳原さん。
舞台上がわちゃわちゃしだしたのを感じ出てきてツッコむ那須さんとたくやさん。
高松さんのくだりに爆笑していた平井さん。

平「俺、高松でこんな笑ったの初めてやわw」
柳「(客席に向かって叫ぶ)皆さん!今日は記念日です!!」

 

柳「お前がゆずを背負うな!」
今日もゆずTを着ていたゆずっこの高松さん。

 

那「いまの以上にウケる自信がありません!」
岡「ここは棒高跳びだけに、高いハードルを越えていかな!」
那「なんで(考えてた)オチを先に言ってしまうんですか!(怒)」

 

ひと段落してまた袖に「上司と部下」が引っ込むと、
今度は出囃子とともに篠宮さんがギターを弾くうごきをしながら舞台中央へw
(岩沢さん役と思われるw)
またも那須さんとたくやさんが袖から出てきてしまうw

中「(自分と平井さんを指して)あとふたりおるねんからな」
那「……あと二回だけやで!?」
しゃあないな、といった感じで袖に戻る那須さんw

「それでは『上司と部下』で『棒高跳び』」
と中央のマイクで増田さんが言い、さて次はだれが来るのかと思ったら、
マイク前から退くと見せかけて、くるっとターンして増田さんがロックシンガー風に熱唱w スピーカーに足をかけて歌うようなマイムもw
中「次は出んとこう、と平井さんと話していたら中央でおっさんがくるっと回ってた」

那須さんがまた袖に戻るとき、かずやさんのほうをガッツリ見ながら
「もうやったらあかんで?」的なフリを残していってました。
そして「栄光の架橋」が流れると、かずやさんがコサックダンス。
混乱する舞台上と客席w
袖から出てきたたくやさんがかずやさんに「お前スベッてるじゃねーか!」と詰め寄るw

柳「いまお客さんたちの頭の中で『ゆず (スペース)コサック』って必死に検索してたと思うで!?w」

もうええからいこう、とかずやさんの手を引いて袖に戻ろうとする那須さん。
柳「違う違う、そっちスベッたほう! こっちの“まだ”スベッてないほうや!」
た「なんでスベることになってるんですか!?」
すると今度は中西さんが那須さんの手をひいて袖に行こうとする。
那「あんたが来たらただの法事や」
ここで増田さんから中西さんが楽屋で「双子ってええなあ」と言っていたことをばらされるw
中「いとこだと説明しづらいんですよ……」

袖に帰る那須さん、やれやれ、といった感じで、
まったく楽しい舞台やで、的なことを去り際にかっこよく言い残すw


「上司と部下」の漫才がようやくスタート。
フラフープ推しなたくやさん。那須さんは必死にフラフープを(マイムで)回してました。その動きに上司っぽく「君イケるねえ!」とたくやさんw
中西さん平井さんゾーンから「接待や」「接待漫才や」と呟きがw

どうにか漫才は上手くまとまり、
「ツッコミがしっかりしていれば漫才はなんとかなる!」と
みんな那須さんを絶賛!

中西「その相方です!」(舞台中央に歩み出る)

篠宮「その先輩です!」(おなじく)

柳原「地元が一緒です!」(おなじく)

増田「こいつ俺のツッコミです!」(岡田さんを指して)

平井「……」(中央に出ようとしてやめて、下手端に戻る)

(個人的にはここは悶絶ポイントで……!w
 平井さんのこの引いちゃう感じが好きです……)

中「平井さん二歩進んで三歩下がりましたよw」

それからたくやさんは終わったあと
「双子(キャラ)を失うってこんなつらいんですね……」とw


次のコンビは柳原増田コンビ。
この二人が決まると周りは「わー!」と動揺。
やはりツッコミの鬼とボケの天才は皆さん欲しかったようですw
「この二人以外あとポンコツだらけや!」
岡田さんがぼそっと「アウトレットや」と言っていたのがツボでしたw

お題BOXを持っていた増田さんが選ばれたので、お題BOXは平井さんが持つことに。
お題をひくと「ホッケー」が出る。
固まる増田さん。その様子が迷子の子供みたいと誰かが言いだし、泣きそうな顔をしだす増田さんと、その肩を抱いて「この子のお父さんお母さんいませんかー!」と客席に叫ぶ柳原さんw
迷子顔だなぁ」という謎感想が誰かからw
コンビ名もそのまま「迷子」に決定。

平井さんはしきりに、
「お題変えます? 今なら間に合いますよ? いいんですか?」
と増田さん柳原さんに聞いてました。やさしい。

漫才が始まってからも増田さんの迷子キャラは継続w
わちゃわちゃとしてなかなか本題の「ホッケー」にたどりつかず、柔道の話などで話が広がるw
増田さんがコサックダンスをするも、なぜかうしろのほうに進んでしまうw
「初めて見ましたよ、うしろに進んでいくコサックw」
始めて早々に腰がつる増田さん(46歳)。

「ホッケー(ホッケ)だけに『お開き』に」というオチのフレーズだけが最初に決まっていた「迷子」の二人。オチがもう決まっているからか増田さんが自由にボケまくっていたそうですw

「迷子」の漫才を見ながら平井さんは、さきほど引いた「ホッケー」の紙を客席に見えるように広げたり、漫才している二人に見せたりw(はよ本題入れ、と言いたかったのでしょうw)
平井さんが持っていたBOXで顔を下半分隠しながら笑っていた姿は可愛かったです。(断言)


次のコンビは岡田さんと中西さん。コンビ名は「ポンコツトンコツ」w
中「だれがトンコツやねん!」

中西さんにやたらとボディタッチが多い岡田さんw
中「お前、先輩やからな!?」(岡田さんを指さしてw)
お題は「ビーチバレー」になったのですが、要素としては
ほぼ最後のオチの「いらんことすな(砂)」のみ、
あとはもういつもの岡田オンステージでしたw

そして漫才自体はあっさり終了。(あっさりすぎて記憶があいまいなのです…)
「全体を考えて巻いた」そうですw


その次は篠宮さんとかずやさん。
コンビ名を決める前から、「かずのみーや!」と勝手に盛り上がる二人。
柳「皇族感すごいなw 『かずのみや』ってどっかにホンマにいそう」
かずやさんがテンションをあげて頑張っているのを見てたくやさん「無理すんな」とアドバイスw
結局コンビ名は周りからの提案で「篠宮かずや」に。
お題は「陸上100m」。

周りから「篠宮病(or篠宮ウイルス)がうつる!w」と言われていたのですが、
案の定漫才が始まると、篠宮さんのハイテンションに必死についていこうとする
かずやさんw
それを見てたくやさんが何度も「む、無理すんな!?」と言っていたのが印象的でしたw
かずやさんもコサックダンスをやっていました。
終わった後、「身体のあちこちが痛い」との感想がw


いよいよラストは平井さんと高松さん。
始まる前から柳原さんの「いけー!平井さん頑張ってー!」というひときわ大きな声援が響くw
平「ツッコミの精鋭たちがやるんならまだしも、俺よ!? で、相手高松やで!? (客席に向かって)何ができる!?」
ひどく嘆く平井さんw 「トリオでやらせてください!」と懇願するw
柳「ええやんけ、さっき初めて笑った高松とコンビ組むなんて」

お題は「卓球」に決まるも、なぜかちょけてる(おどけてる?)高松さんにイラッっとして「腹立つ!!w」と思いきり頭をはたきまくる平井さんw
高松さんのおでこがあらわにw
平「コイツ、デコの始まる位置おかしいやろ!?w ここよ!?(頭頂部近くをを指して)」
なおもノリに乗っている感じの高松さんに「お前もこれから訪れる“危機”(これからの漫才)に備えろよ!!」と切実なお願いを叫ぶ平井さんw

その勢いそのままに袖にもハケずコンビ名も決まらぬままに漫才開始w
延々と篠宮さんに負けず劣らずなテンションで次々とシュール(ナンセンス?)なボケをかましてくる高松さんに平井さんは困惑しながらもツッコミを頑張るw
高「カコン!」(ししおどしのマイム)
平「料亭か!?」
そのワードセンスが結構個人的にツボだった記憶がありますw
高松さんがネタ中になにかを岡田さんに聞いた時には、
平「岡田さんに聞くなんて“愚の骨頂”や!!」
愚の骨頂ってwww 言葉のチョイスwww

最後どうにか卓球なぞかけで締めようとする平井さん。
高松さんの答えはちょっと「?」があたまに浮かぶ出来だったのですが、
平井さんの「ピンポンやがな」でキレイに締まりましたw
柳「平井さんすごいやんか! そんな(上手いこと言える)才能持ってたの!?」
平「人は危機に面したときには自分の能力をこえる力が出てくるんやw」
柳「すごい……! これが生存本能……!」

漫才後、高松さんは普段篠宮さんが隣にいるせいで抑えられているが実はけっこう篠宮さんと似たような素質を持っているんじゃないか説が浮上w


エンディングはたっちの二人がLINEスタンプを発売した宣伝をしたのと、
次回東京での漫才セブンは来年一月あたりになるという予告でした。
「来年までないと思うと寂しいね。年末とか何かできたら……」的なことを
増田さんが言っていたような気がします。あと漫才フォーというか、
漫才セブンの基本メンバー(ますおか、なすなか、オジン、アメザリ)のみのライブでも、という案も。
ぜ、ぜひともなにか年内にやってほしい……!!(切実)


〔どこだったか忘れた細かすぎる個人的ツボ〕

アメザリ二人同時に、口を両手で覆うしぐさをしていた。(見合いながら)

・増田さんの頭からまたも何かがスパーン!とはじけるw
 柳「炭酸飲料のCMみたいになっとったw」
 漫才セブンでは恒例……?w

・ちょくちょく平井さんと中西さんがぼそぼそと何かを話している

・中西さんをおちょくって下手端でわちゃわちゃとする柳原那須コンビw

・ライブ中なにかと「今日は特別な日やで!」と歩きながら客席に向かって叫ぶ柳原さん

 

ちょっと欲張って細かく書きすぎてしまった感じがありますが、
少しでも漫才セブンに行けなかった方に様子が伝われば、そして、
次回の漫才セブンや松竹のライブに行こうと思っていただけたら、
と思っております。
いやー、大満足なライブでした。

新宿角座はもちろん素敵な劇場ですが、特別篇ー!みたいな感じでもう少し大きめのキャパのところでやってくださったら嬉しいですね。とどけこの思い。

 

 

【2016.09.15】

 

 

 

 

 アメザリお二人を見ていて和むのは当然(?)のことですが、

なすなかさんとの絡みもわちゃわちゃとして和みますよね。

漫才セブンは那須柳原コンビが毎回かわいい。

 

 

 

 

 

f:id:warakura_fan:20160915095443j:plain

【アメザリノライブ 2016/08/30 新宿角座 ライブレポ】

ライブレポ

 ニコ生での配信は終わったようですがAbemaではまだ観られるようです。

https://abemafresh.tv/supico/34735

上のアドレスからか、スーピコのチャンネルからぜひ。

 

≪ご注意≫

・非常に残念な記憶力と偏った目線によるレポート。
・基本的に芸人さんは褒めていくスタイル。残念なところは触れません。

・文章のテンポ上敬称略してるところあります。
・無意識にしったかぶりしている可能性あり。
・ネタバレしかない。ニコ生の画面スクショあり。
・抑えきれない、オタクの血筋がにじみ出る文章センス。単芝は煽りではないのです…。

以上の要素を含みますのでご了承ください。
なにか間違いや「ここはこうじゃない?」といったご指摘がありましたら、
コメントなどで教えていただけると幸いです。

 一応ニコ生で配信されていた部分は細かくチェックしていますが、

未配信のところのセリフは半分近く創作かもしれません……(記憶力に自信なし)

 

《09.08 追記》

すいません、ワンワンニャンニャン菊地さんの漢字を『菊池』と誤って表記しておりましたので修正しました。

ワンニャン菊地さん、そして全国の『菊地』さんと『菊池』さん、大変申し訳ありませんでしたm(_ _)m

 

〈すごくどうでもいいライブ前の話〉

数日前から、史上初の「Uターン台風」がライブの日に関東にやってくると
予報があり、私はもう気が気ではないというか、腹痛がキュルキュルとするほどには
心配していました。
なぜなら、9月1日は柳原さん44歳の誕生日、その前々日ということで、私は誕生日プレゼントを用意していたのです。それが渡せなくなってしまう!
ファンになってもう十数年経ちますが、出待ちはしたことありませんし、去年の同じ時期に受付に手紙を預かってもらったのみです。

ようやくプレゼントを(間接的にですが)渡す勇気を出したというのに、台風に邪魔されてしまったら立ち直れそうにない!

毎日気象庁のHPを覗き、最新の情報を見ながら、必死に台風が来ないことを祈り続けていました。

 

そして当日。奇跡的に関東は軽い雨天になったのみで済んだのです。
本当に良かった…… きっとあの時ライブ会場に強力な晴れ女もしくは晴れ男さんが
いらっしゃっていたに違いない……! このブログを見ているかはわかりませんが、
本当にありがとうございました……。

無事にプレゼントは受付の方に預けることができました。
まあ、柳原さんにとってあのプレゼントが嬉しいのかどうかは本人のみぞ知る、ですが、ここにあなたをお祝いしたい、そして応援したい人間がいるんですよ、ということが伝わればそれで満足です……。


当日の会場はぎっしりと後ろまでお客さんがいたように見えました。
夏休みだということもあったのでしょうか。嬉しいですね。


〈OP漫才〉

Uターン台風について。
台風を擬人化して話す二人。
柳原さんが台風になりきって台湾あたりで力を蓄える様子を表現w 何かを食べるときの蟹のような動きで力を蓄えるw
「下から水分を……」(もしゃもしゃ)

ヘクトパスカル!」(もしゃもしゃ)

「ミリバール!」(もしゃもしゃ)


その次は台風のルートについて。
柳原さんを日本の本州、袖のスタッフさんを九州に見立てて、平井さんが台風魔球を投げてルートを説明w

f:id:warakura_fan:20160907000417p:plain

柳「(スタッフに)お前九州っぽいな!w」
(柳原さんのポーズに客席から「かわいい…」の声w)

 

最近の異常気象について。

柳「ビックせえへん!?(ビックリせえへん!?)」

平「ビックはせえへんけどw」


六本木ヒルズのようなビル群によりゲリラ豪雨が……ということを説明するために袖のスタッフたちを呼び出すw

f:id:warakura_fan:20160907000549p:plain

 

「アンテナ三兄弟やんけ!」
スタッフさんと比べるとアメザリさんのフォルムのかわいさよw

 

いつも柳原さん側(下手側)の袖にしかスタッフがいない問題についてまた言及。
平井さんが上手袖にいくと、水がふたも開いてない状態で床に直置きw
「平井さん水飲まへんがな」「いうほど喋らへんもん」

400年生きたい平井さん。未来を見たいと。(PS50とかw)
自然現象も操作できるようになるかも、という話で
火砕流(かさいりゅう)について話したいものの、なかなかそのワードが出てこないw
必死に説明するものの「なんやったっけ」が多いw
平「あんたの言う話はだいたいわからへんw」


柳原さんは傘をさすのが嫌い、という話。
東京は大阪に比べて屋根のある通りが少ない、と愚痴る柳原さん。
屋根があればUVカットもできるし、ビルの窓ガラスが割れたとしても防いでくれるし、地震が起こっても安心なのでは、と。

オリンピックの際に作る建物の柱を再利用して屋根を作れば!と思いつく柳原さん。
力説するものの平井さん「(客席に向かって両手を挙げて)解散でーす!」w

ビニール傘についても文句たらたらの柳原さんw
もっと丈夫に作ってくれ、名前書くところをデフォルトで作ってくれとw
「『APO』って書いてあるがな」「誰がAPOぎ原や」
(ちなみにAPOは「非晶質ポリオレフィン」という素材のこと)
柳原さんは居酒屋などで自分のビニール傘が盗られてサビだらけの傘や折れてる傘しか残っていないときに腹立つんだそうな。
「そんなん名前書いてあっても持っていくで」「なんなら日本人はサドルだって持っていきよるで」と平井さん。
日本ではどっかでサドルが一個、傘なら一本足りなくなってて、椅子取りゲームのようにみんなが取り合っている状態なのだという説を話すw
「俺が盗るという行為をやめて、ずぶ濡れで帰れば一本足りるやん!」と悟る柳原さんw

そこから「我慢が大事」という話になり、ツッコミもいったん我慢してくれ、思ったことをすぐ言うな、という話に。

どうしたら平井さんが活きるかを考えて(たとえネタを飛ばしていたとしてもw)「一個上のツッコミ」を目指していこう、という結論に。
柳「20年過ぎて、まだ(開けてない)扉があるとはな……! まだまだいけるで!」
平「まだ未来に紡いでいけるで!次のツッコミ師にバトンタッチや!」
柳「バトンタッチすんのかい!?」
平井さんは400年生きるのであと三人ツッコミ師が足りないんだそうですw
柳「400年やる努力があんのやったら今頑張らんかい!」


最近の若い人は我慢が足りない・・・という話をし始めた柳原さんの話をぶったぎって、「夏といえば怪談噺ですね」と平井さん。
柳「お前は……(我慢して)、展開がすばらしいっ!」

その後もネタ内でツッコミをその「我慢する」仕様にするも「俺の良さが損なわれてないか?w」と柳原さん。それに対し「今までにない柳原さんの魅力がスパークしてる」と平井さんw

(どこまでがネタなのかわからないので怪談話の下りはネタバレ防止に書くのやめておきますが、柳原さんの怪談話のときに客席からマジ悲鳴が聞こえたのはちょっと笑ってしまいましたw 柳原さんのトークスキルの高さw)

どっかの寂しい人の怪談(?)話を平井さんがする下りで、柳原さんが平井さんの胸上部あたりをツンツンと指で押しながらツッコむw

f:id:warakura_fan:20160907000640p:plain

平「そこは乳首じゃないですぅー!」
柳「わかってるわ! ここやろがい!(両指で平井さんの乳首あたりを撫で上げる)」
平「ワーーッ!w」

 

f:id:warakura_fan:20160907000709p:plain

f:id:warakura_fan:20160907000727p:plain

柳「お前の乳首は、ここだーッ!」

(怪談話によくあるお前だー!のニュアンスで)

(なんてツッコミなんだwww)


〈トークコーナー〉

テーマは「無」
ちょっと前に平井さんが経験したVR騒動の話。
(VRとワードが平井さんから出た時点で客席の一部がざわつくw スーピコ勢かと思われますがw)

VRの機械とPCの接続がうまくいかず、なぜかゲームがプレイできなかった平井さん。
スーヘスも控えていたので、お盆をほぼ潰して必死にセッティングを色々試すもうまくいかず。
パッチをあてたりしてなんとか対応した唯一のゲームが「カスタムメイド」
(参考URL http://www.kisskiss.tv/cm3d/
カスタムメイドについて話すときの生き生きとした平井さんよw

カスタムメイドだけではだめだともう一つプレイできるようにしたのが、
「なないちゃんとあそぼ」というまたもアダルトなゲームw
(参考URL http://vrjcc.com/
ボタン一つで素っ裸になるという平井さんの言葉にツッコもうとするも…

f:id:warakura_fan:20160907000820p:plain

ツッコミを我慢した結果なぜかハイタッチにw

このままでは昼間のイベントなのにヤバいということになりw、知り合いの方に聞くと、なんとUSBのつなぎ間違い一つだけが問題だったということが判明!
(お盆をつぶしたというのに……! ある意味怪談より怖い!)

平井さんは無事にVRを使えるようになったそうです。
スーヘスでもセッティングしてましたね。

どうもVRおじさんだよ。
昨日お笑いライブで熱弁していた
お盆を奪っていった
楽しい機材とはこれの事だよ。https://t.co/GsaF6MBSas#HTCvive#VR pic.twitter.com/q7XHRTTeTh

アメザリ平井☆スーピコ裸ライダー☆RSZ (@amezari_hirai) 2016年8月31日

twitter.com


ちなみにこちらがそのVRについての平井さんのツイートです


話している最中、どんどん平井さんが汗だくになっていましたw
とくに顔にかいていた汗がすごかったですw 大粒の汗がながれていたのが印象的でしたね。ゲームへの愛と情熱が感じられました!

 


柳原さんはこないだの「お台場夢大陸」松竹ステージのあとの話。

 

warakura-fan.hatenablog.com

 

↑ そのステージのレポはこちら。
(あの逆水平をうけたあとか……w)

 

柳原さんは仕事もなく暇だったので帰ろうかと思っていたところ、
仲の良いワンニャン菊地さんが、よゐこ濱口さんの出るアイドルのイベントに行くまで時間があるというので、じゃあそれまで暇潰そうかといっしょに車に乗ったそうです。

そしてちょうどその時期はポケモンGOが流行っていた時期で、
それなら車でポケストップを一通り回ろうということに。
走っている途中ポケモンが出てきたので、柳原さんは捕まえるのをやらせてもらっていたのですが、ボールからモンスターが出てしまったり一苦労w
そのときに真似した「ボールから出てきたモンスター」が柳原さんが名前を言わずともコラッタだとすぐにわかる平井さんと我々w(すごく似てたw)

ボールがなくなってしまったので、ポケストップでボールを補給していたりしていた柳原さんと菊地さん。

と、柳原さんが平井さんを自分に見立てて状況を説明しようとするのですが、
柳「お前、(肩を掴む)いま柳原な」
平「(変な声で)なんでやねんー なんでやねんー」
柳「馬鹿にしてんのかw」
平「おいはなかっぱー、サッカー行こうぜー」
柳「それカラバッチョや」
というやりとりが可愛かったですw

柳原さんがスマホを持っていたときに突然スイクン(?)が出てきて、菊地さんは柳原さんに肩をぶつける勢いでスマホをぶん取ったそうですw スイクンを逃がしてしまったことのほうが大きく、肩をぶつけたのをあやまることもなかったそうなw
それですっかり「もうええわ……」と気分が落ちてしまった柳原さんですが、通り道にポケストップがあったので仕方なく寄ることに。
ところが数メートル止まるところがずれてしまったらしくポケストップが反応しない。
「うしろ下がってもらっていいですか?」というのかと思いきやまさかの

菊「バック!!」


柳「(もうだめだ……俺は先輩ではない……。(;∀;)
  このまま、レインボーブリッジから、車ごと……!(# ゚Д゚))」

 

その前にも、ジムバトルにいこうとしたら手をはたかれた柳原さんw

柳原がもっとレアだったらそんな扱いはうけない、と平井さん。
(「ザリガニやで!?」とザリガニのポーズをする柳原さんw)
あんたはコラッタくらいや、という平井さんに「なんでコラッタってわかったの!?」と驚く柳原さん。平「そっくりやでw」

ボールから飛び出るコラッタのマネをする柳原さんに「なにしてんねんこのオッサンw」とひどい言いようの平井さんw
平「あんた新宿の中やったらええけど、外でやったらすぐ捕まるで!?w」
目の前でボールを投げる動作(画面をスワイプしている動作)をしてくれる人がいたら街中でやってもいいそうですw


<ユージュアルサスペクツ漫才>

これはなんとも説明が難しいw (実際に観ないとわかりづらいw)
簡単に言うと、ニコ生(Abema)のコメントをうまいこと即興で盛り込んで漫才をしようというコーナー。
笹かまになりたかったり、偽善者になりたかったり、貝になりたかったり、ちくわになりたかったり、ちくわぶ(ちくわ部)に入ったりw

ちょっと会場とニコ生で時間差がありましたねー。
アベマに移ったときのコメントのなさは絶望的でしたwww
平「みんな(Abemaの)アカウント持ってるやろー!」(心からの叫び)

一番好きなくだりは「セミのバイ」でしたね。


<即興漫才>

始める前のお題引きで、お題ボックスの側面をポンと叩いて空気砲をする柳原さんw
「これせな始まりませんな!」
客席にも空気砲を向けるも、反応が薄かったので平井さんも巻き込んで何回もやることにw

お題
ポケモンGO
「虫の息」
「配属初日」

柳「(さっきポケモンGOについて)話さんかったらよかった……」
平「こんなもんどうやってつくるねんw」

ポケモンGOをベースに漫才を進める。
ポケモンではなくモンストを出したりするのが平井さんらしいw

平「俺、『配属初日』やからわからへんねんw」

ポケモンの影響で全国の観光地に影響が出ている、葛西臨海公園のマグロとか「虫の息」やったけど大丈夫かな? (ちなみに実際はもう死んでしまってますw)

平「いま切り身になってるよ」柳「勝手に解体すんなよ!」
と今回はスムーズにお題を消化w

平「ふー、俺がもう虫の息……」
 「んー疲れたー、ここ(腰を押さえながら)なんかめっちゃ痛いわぁー」
柳「なにを言うてんねんw」
平「もう(よく見てる顔の)お客さんやし、甘えよう思って」
柳「主婦のママ会ちゃうで!?」

私たちは平井さんに甘えられたのか……(嬉しい)

お題(虫の息)を考えているときに腰が痛くなったんだとかw

最近腰を痛めてるんですかね? こないだのゆんぼだんぷカシューさんのツイートのマッサージはそれでやっていたのかしら…

東京到着!

今日は名古屋は大須演芸場でイベントでした!
感謝です!

楽屋で、相方をマッサージするアメザリさん!
コンビ仲よすぎでし! pic.twitter.com/PzT163YTL4

カシューナッツ(ゆんぼだんぷ) (@yunbo_kasyu) 2016年8月24日

twitter.com

 

<即興二本目>


二本目があると知った時のリアクション。

f:id:warakura_fan:20160907000901p:plain

柳「平井さんを殺す気か!!」


お題
「巻き寿司」
「ぼんじり」
「乾電池」

お題を募集しているあいだ、
「やっぱりこれ(ライブ)は劇場で観るのが一番面白い」と柳原さん。
その通りですよね!

しかし一方で平井さん
「俺ら最近ニコ生の仕事ばっかりや」とw


乾電池をカニの身のように食べられたらの想像が面白いw
単一は男子向けとか、直列並列だと味が変わるとか、発想がほんと面白いなぁお二人は!
乾電池のおしりから食べて爆発するのを「ぼんじり」というとかw

平井さんの巻きに対して「巻きすぎ(巻き寿司)ー!」と返す柳原さんw
しかしどうやらそれでは終われないらしく、
そこから二人の静かなバトルが始まるw

f:id:warakura_fan:20160907000935p:plain

柳「しっかり(手を)握り合っていかなあかんねん!」
平「それは握り寿司のほうやろな」
柳「そう言うてしまうなよ! なんかへたくそな感じにすんなよ! (握った手を揺らしながら)せっかく、パスを、出したのに!」
平「普通に巻いてくれたらそれでええねんで?」

(このあいだずっと手を握っている二人w)

「もうお前のこと、あらいざらい色々バラすで!」
ばら寿司を言うよう誘導しているのですが、平井さんには伝わらず「嫌や!」と言われるのみw

柳「届かぬ想いっ……!」(歯を食いしばる)

その後また同じ流れ(巻き→握り→バラ)を短めにやるも、平井さんはまったく理解できていないようでまたも「嫌や!」と。 うめく柳原さんw

柳「バラすで!」
平「……(なにかをひらめく)あっ、わかった!」

f:id:warakura_fan:20160907001001p:plain

平「いいよ!」
柳「受け入れるなw」

 

f:id:warakura_fan:20160907001020p:plain

柳「お前がノリで俺が寿司ー」

 

f:id:warakura_fan:20160907001042p:plain

柳「しっかり巻いて♡ ……アホか!」

ラチがあかないと思ったのか、今度は「お前はほんとちらしていくなあ!」と
違う方向から攻める柳原さんw

しかし今度は平井さんが
「あらいざらいバラすで!」と反撃w
(おそらく同じことを言うことで、柳原さんに模範解答を出してもらおうと思っていたのでしょうw)
しかし「あらいざらい」のほうにポイントがあると思っていたらしく、そこを強調していうので柳原さん「あらいざらい……?」とポカーン( ゚д゚)

平「とどかぬ想い……」

「こんな漫才してたら「押す」で!」(押し寿司)と柳原さんが畳みかけると、
平井さんが「もう電池切れやわ」とここで乾電池のお題を出して終了。

 

漫才終了後二人同時に文字通り頭を抱える二人www

f:id:warakura_fan:20160907001206p:plain

平「(客席に)柳原はなにを伝えてたんですか!?」
柳「(客席に)平井さんは僕に何を伝えようと……!」

 

答えあわせを始める二人。
柳原さんはお題を消化した時点で、落ちにもっていきたかったので、
「寿司ばっかりやんけ!」と締めたかったらしいですw

f:id:warakura_fan:20160907001237p:plain

柳「でも結果、結果よかったよ!?(電池切れで)」
平「痛い!もー腰痛い!w」


〈エンディング〉

平「やったー! 終わったー!」
即興漫才から解放されてうれしそうな平井さんw

その後、9月24日の道頓堀寄席と、10月2日のアメリカザリガニ独演会(道頓堀)の宣伝。
ニコ生公式で配信されるそうです! 関東民にはありがたい……!


そして配信は終わりに。

f:id:warakura_fan:20160907001336p:plain


平「お疲れっしたー」
柳「まだや!」


そうです、ここから未配信のトピックス漫才が始まるのです。

 

〈ニコ生未配信部分〉

※申し訳ないのですが、文章にまとめるだけの力と時間、そして記憶力がなさそうなので、箇条書きで書いておきます。

 

〈トピックス漫才〉

ポケモンGO
通天閣のモンスターたち。
 自転車で後ろからぶつかってきて「50円くれ!」というおっさん。
 喫茶店の前でわざとずぶ濡れになって倒れたふりをするおっさん。
 店のパンジーの鉢植えをうばうおっさん。それを追いかける店長。

カウンターを乗り越えて「待てコラァ!」とパンジー泥棒を追いかける
店長を演じる平井さんがイキイキしてましたw

極楽山本さん復活
・お笑い界の10年は長い!芸人の様変わりがすごい、という話。
 オーケイ小島がコジマジックになったり、という流れで
 「柳原も着ぐるみに入ったり……」的なことを平井さんが言ったので慌てる柳原さん。
 「配信されてなくてよかった……」
  そこから語られるN〇Kの裏側。
(念のため以下白文字で伏せてます。一応。反転させてみてくださいね。(スマホの場合、長押しからのコピー範囲選択で))

・柳原さんはおとうさんといっしょのオーディションに落ちていたらワラッチャオ!のオーディションを受ける予定だった。「俺があのリスみたいなのやってた可能性もあった」
 ・基本的におといつとワラッチャオは違う制作チーム。シュッシュとハヤブチャオーのあの共演はたまたまディレクターがそういう「しがらみ」を気にしない人だったので実現したんだとか。
 ・柳「ハヤブチャオーってぶちゃいくから来てるんやろ」ブチャイクオーと言い間違える柳原さんw 「はやぶさ」だと許可が下りなかったので苦肉の策として「チャ」にしたんだとか。

・柳原さんは平井さんが赤鬼になっていた回を見た模様。
 平井さんが朝ドラに出てたときといい、平井さんの出演番組けっこう見ているんですねー。

ゆうこりんの旦那が不倫
・コリン星とフリン星があるんじゃないかと盛り上がる二人w
 「フリン星はいくらフリンしてもええんねやろ?w」

SMAP解散
・キムタクのマネをする、かつての「松竹のキムタク」ことヒラタク(しかし似てない)
・自分がいない間に勝手に解散を決められていたらもう笑うしかないよね、という話。
・自分がある程度稼ぎがあったら解散も仕方ないと諦められるかも、という柳原さんの発言に、「え、そんな風に思ってたの(;´∀`)」と平井さんw

高畑裕太逮捕

・「芸能人はなんかやらかさないといけないのw?」


高畑淳子さんと高島礼子さん(クスリで捕まった高知昇生さんの奥さん)の出ていた「女たちの特捜最前線」がどうやら打ち切りになったらしく残念がる柳原さん。どうやら毎回見ていたようです。
 主演女優三人のうち“ツーペア”やで!と二人w なるほど、ツーペアね…w
 平「えっ、それはポロリもあるの?、『女だらけの』……」
 柳「『女だらけ』ちゃう『女たちの』や」

 

・なんで身近な人が責められなければならないのか、という話で、たしか(あいまいですが)相方が罪を犯した場合はどうなるんだという話になり、たとえば平井さんがクスリで捕まって……と柳原さんが話したところ、平井さんはいや、それだけでは足りない、もっとやらないと、クスリやってセーラー服盗んでホテルで無理やりやるくらいしないと、と、なぜか罪を大きくしょうとするw
平「俺だってやるときはやるで!?」
柳「それは漫才のときだけにしてw」


・どうせやるならロシアのスパイとか、飛行機とる(ハイジャックする)ぐらいはしないと!と平井さん。
 そうしたら柳原も報道されて有名になれるで、的なことを言う。
 いったんは「ありがとう!」と平井さんとがっしり手を組むものの、「ってなるか!」と却下w


・そんなことせんでええ、お前はずっと俺の隣にずっといろや! といつもの告白(?)をする柳原さん。会場中が、笑い声ではなくなぜか「おおー……!」(感嘆)「フーッ!↑」(冷やかし)に満ち溢れるwww 扱いが謎www

・その「俺の隣にずっといろや!」発言をうけ、「じゃあ一緒にいこうか」となぜか二人でハイジャックをする二人。腕を組んでオロオロしながらもそれぞれナイフのようなものを構えるw
 「右のハサミとぉ!」と柳原さんが右手をチョキにして挙げると、平井さんがそれに応えて「左のハサミでぇ!」と左手をチョキにして挙げるw 息ぴったり!
(それにしてもそんな微笑ましいハイジャック犯いたら別の意味で話題になりますよねえ……)

 

他にもトピックスはあった気がするのですが、私の記憶ではここまでが限界でした……
あとは現場で観た人のお楽しみ、ということで!(言い訳)


トピックス漫才を終え、本日はどうも……と終わりの挨拶をしようとした柳原さん。しかし即興漫才のお題を書いてくれた人にオリジナルステッカーを渡すのを忘れていたことを思い出し「あ、そうか!忘れてた!」となる。おっちょこ発動…w

ステッカーを渡されていたのは、三人とも男性の方でした。
最初に読まれていた「ドリー」さんが私の近くの席だったので柳原さんがすごく近くまで来てドキドキしてしまいましたw(チキン)
皆さん嬉しそうでこちらもほっこり。

 

以上、あいまいな記憶と偏ったフィルターがかかったレポートでした。

 

 

 

以下、超個人的な語りです。

 

いやあ、今回も楽しかった! 熱かった! 和んだ!
チキンなくせに優等生ぶって「前から詰めてお座りください」を忠実に守って最前にいましたが、ドキドキはしたもののライブの良さもそのぶんビシバシ感じました!

それにしても、アメザリさんはニコ生をはじめとしてさまざまなネット配信サービスをうまく活用していますよね。
「本来有料で、しかも一部の人しか見られないはずのライブを、無料で配信する」
というのは、ライブになかなか行けない地方在住や海外在住の方にアメザリの面白さやすばらしさをアピールすることができるだけでなく、「お笑い」界隈全体に影響を与えうると思うのです。
というのも、アメザリノライブのニコ生放送の最後、アンケートの画面を見ていただきたいのですが、

f:id:warakura_fan:20160907001400p:plain

これ、1が少ないなー、と一瞬思うかもしれませんが、よく見てください!
「次は劇場へ行く!」が27%もいるんですよ!(興奮)

まあ中には本当にはいかない人もいるでしょうし、いつもアメザリノライブには行ってるけど今回だけ行けなかった、という人もいるでしょう。

しかし、中にはたまたまニコ生で今回のライブを見て「お笑いライブ行ったことないけど、アメザリノライブなら行ってみようかな……」と思った人もいると思うのです!
ネット配信で、あらかじめ「試食」のように、「お笑いライブってこんなに面白いんだよ!」とか、「雰囲気はこんな感じで、客層はこんな感じなんだよ!」というのを、ライブDVDなどを普段買わないライト層、もしくはお金は最低限しかだせない学生さんなどに手軽にかつ分かりやすく伝えることができると思うのです!

ぶらぼー!さすがアメザリ!いつも時代の先端を走ってる!

 

ニコ生で観て、まだ角座に行ったことのない方!(で無理なく行ける範囲にお住まいの方!)

ぜひとも生で観てその臨場感、一体感を味わっていただきたいです……!
もし一人で行くのが怖いならお友達と!家族と!同僚と!恋人と!
お笑いライブは笑顔になれるのでデートにもおすすめですよ!(個人の感想です)

お友達も恋人もいない?
なら私と行きましょう!(一番嫌な選択肢である)

……戯言はおいといて。
たとえぼっちでも、会場にいる人たちはみな同じ人が好きな仲間ですので、
心配はいらないのです。
もちろん、私もまだ見ぬあなたの仲間です。
いつでも客席で待っていますよ!

……行ける限りの範囲で。(道頓堀は遠い……)

 


【2016.09.07】

【お台場夢大陸松竹ステージ(2016.08.06)アメザリ贔屓のライブレポ】

ライブレポ

≪ご注意≫

・非常に残念な記憶力と偏った目線による、アメザリ贔屓をかくしきれないレポート。
・基本的に芸人さんは褒めていくスタイル。残念なところは触れません。

・文章のテンポ上敬称略してる方もいます。
・無意識にしったかぶりしている可能性あり。
・ネタバレばっかり。
・抑えきれない、オタクの血筋がにじみ出る文章センス。単芝は煽りではないのです…。

以上の要素を含みますのでご了承ください。
なにか間違いや「ここはこうじゃない?」といったご指摘がありましたら、
教えていただけると幸いです。

 

 

 

 

 

前説は松竹所属の覆面プロレスラー、スーパー・ササダンゴ・マシンさん。
がっちりした体育会系な見た目とは裏腹に、大画面にスライドを映しながらなんともインテリジェンスを感じる前説……もとい、プレゼンをしておりました。
プレゼンは「どうやったら他の事務所に勝てるステージをできるのか」。
結論を言ってしまうと、「フジテレビの昼の番組にスーパーササダンゴマシンを起用すれば、進んだ前説ができる→他事務所に負けないステージができる」ということに。

……前説とは。(哲学)


テレビで放送されていたのと、実際のネタ順はだいぶ違いました。
(放送ではゆんぼだんぷでしたが、実際のトップバッターはキンタロー。さんでした。)
だれがどの順番で、かは残念な記憶力ゆえ思い出せなったのですが、
ゆんぼだんぷピーマンズスタンダードコーヒールンバ紺野ぶるま、ワンワンニャンニャンは「ショートネタコーナー」としてひとくくりになっていたのは覚えています。

最初にTKOさんと新人の堤礼実アナウンサーが出てきたのですが、
まあ堤アナの体の線の細さ! 顔の小ささ! (オッサンか)
TKOのお二人を生で観たのもたしか初めてだったと思うのですが、
木本さんのあの笑顔は近くで見るとあんなまぶしいんですね……!
にかーっと笑った時の破壊力たるや。
木下さんは放送でもお分かりのとおりご自分のブランドの服を着ていまして、「自分の強みを活かしたおしゃれ」をしている方なのだなぁ、と。あとやはり生で聞いても低音の効いた「エエ声」してました。

女子アナはちょっと年数が増えてくると我々芸人を見下しているような感じがする、というTKOさん。(堤アナはもちろん否定w)
「(数年後どうなるかわからないんで)堤さんのこのフレッシュな姿をみなさん覚えておいてくださいね」的なことをw
まだ入社して半年も経っていないピカピカの新人の堤さん。もし数年後人気が出たときに「生で観たことあるよ!」と自慢できるよう、いい意味で覚えておきたいなあと思っております。

 

芸人さんのネタコーナーに関しては順番はあいまいです……。
あとネタのタイトルも正式なものではないです。
放送された箇所よりはカットされたところを重点的に。


キンタロー。

テレビ放送でも映ってましたが、前田敦子で登場し「AKB48です!」と堂々と言い切ってましたw
生で観ると、本当に動きのキレがすごい! で、スカートの中身がもろに見えてて、「見えてる…w」と周りのお客さんがざわついてましたwww

放送ではAKBネタだけでしたが、ほかにもモノマネメドレー的なことをしていました。
アニメキャラのモノマネからオノヨーコのモノマネまで(元ネタわかったらもっと面白いんでしょうね、オノヨーコさんのネタw 個人的には細かすぎて伝わらなかったw)
中でも私が一番笑ったのは、「細かすぎて…」でもおなじみの、某国の表現力がすごい子供歌手のマネでしたが……さすがに放送できませんよね、このタイミングではwww


うしろシティ

体が入れ替わってしまうネタ。
金子さんがササダンゴさんのTシャツを着ていたので、大画面に金子さんの姿が映ったときにところどころ客席からクスクスと笑いがw
ネタの中でも確かそこに触れていた気がするのですがカットされてましたw
あとネタの中で出身県の話があったので「あっこのくだりは初めて見るな!」と思っていたのですが、そこもカットされてましたね。滋賀県民と岐阜県民からのクレーム回避?w(たぶん違う)
オチのあと、私の後ろに座っていたお客さん二人が「えっあれって女だったの……?」「でも彼女って言ってたよね!? あれっ?」と思わずざわざわしていましたw


なすなかにし

「子供に好かれたい」ネタ。
マイクを倒しかけて焦る中西さんとか、眼鏡をはたき落されて悲しくなる中西さんの印象が強かったのですが、しっかりオンエアされてましたねw
その印象の強さゆえか、記憶があいまいすぎて放送との違いが思い出せないのが残念です…。もう少し長かったような気はしているのですが。


たしかこのあたりでショートネタコーナーがあった気がします。

ゆんぼだんぷ、ピーマン、紺野ぶるま、ワンニャン、コーヒールンバの五組。
(順番は忘れてしまいました…)

ショートネタは放送でほぼカットされていなかったですね。
ゆんぼだんぷは完全にフルバージョンでしたw

残念ながら放送されなかったコーヒールンバは「上中下」のネタでした。
平岡さんの女装姿にざわつく客席w
個人的な体感としては、ショートネタコーナーで一番ウケてたような気がするのですが…。放送してもらいたかったなー。


オジンオズボーン

体の部位を英語で言う、指競馬のネタ。
ほぼ放送で観たのと同じ内容だったと思われます。
生で観ると躍動感が違いますね!w
放送だと顔と指のアップになるので、生で観たときの篠宮さんの全身の動きはその場で観た人のお楽しみだったわけですねー。
どこの流れだったか忘れましたが、篠宮さんがステージ床に両膝を強く打ってしまって、その痛さをシステマで消そうとしていましたw


アメリカザリガニ

 

さて、今回まったくネタが放送されなったアメザリさん。
ネタは「アニメソング・童謡」でした。定番ネタですが、歌ネタは権利関係が難しかったんですかねー……。

 

つかみの話で、

「みなさんの中には僕のこと知らない方もいるかもしれませんが、実は声はどこかしらで聞いているんですよ。僕『はなかっぱ』のカラスの声やってるんです」

と、カラバッチョのセリフをしゃべると、おそらく柳原さんをあまり知らないであろう層のお客さんや子供が「あぁー…!」「おー!」といった反応をw


ああ! アメザリの認知度がじわっと上がったのを肌で感じられる!

普段、新宿角座では味わえない種類の喜び!(大げさ)

 

しかし平井さんは冷静に、ステージから見えるフジテレビ社屋を指さして苦笑いw
もしかしてN〇Kの話をしたこの部分もカットの原因だったりして…w

ネタの全体的な雰囲気としては、平井さんが風邪をひいていたのもあってか非常にゆるやか~な雰囲気でした。テンポがすごくまったり。
でも個人的には好みのゆるさでしたし、贔屓かもしれませんが、会場がその日一番揺れていた気がしますw


ゲゲゲの鬼太郎での、いつもの「大学生か!」のツッコミの時に、前のほうで座っていたご婦人が大ウケしていらしたのが嬉しかったですねw

逆に子供には意味がわからないのでは、と不安にもなりましたがw

 

どこの部分だったか忘れてしまったのですが、柳原さんからのツッコミの痛みを平井さんがシステマで逃がそうとしていましたw 松竹に広がるシステマブームw


その流れで柳原さんが平井さんの肩をポカポカと叩いてたのが非常に可愛らしかったです……!(よくカップルの彼女がやる「ばかばかー!」みたいなあの叩き方でした)

平井さんはそれに対して「あー、肩こり治るわー」と言ってましたw


〈TKO〉

TKOさんは「メンタリズム」のネタ…ネタでしたよね? トークっぽく自然に入ったのでどこからがコントなのかわからなかったのですw

木本さんやお客さんが決めた数字を全く見ずに木下さんが当てる、というネタだったんですが、お客さんが途中まで本気で「おおー!?」と驚いてましたw
私は少し早めにトリックに気づいて周りの人が驚いている中サイレントに笑って震えていたので、相当不審な奴になっていたと思われます……
(トリックは今後皆さんがどこかで見る可能性もありますので伏せておきますw)

木下さんが後ろを向いてお客さんの数字を見ないように……というくだりで木下さんがステージの大画面の方を向いて立つのですが、その大画面に映った自分のうなじの段々になっているお肉に「なんやこれ?! こんなんなってんの!?」とビックリしてましたwww


〈EDトーク〉

最後に皆さん(仕事抜けしたなすなかさん以外)が一列になって、EDトーク。
木下さんのインスタグラムの

www.instagram.com

この状態に。
やっぱりアメザリさんは端っこなんですねー。
平井さんはマイクフォロー係で、舞台上手側の前の方に出て皆の様子を見ていて、落ち着かない様子に見えましたw

ピーマン南川さんのシステマは本当に痛くないのか、という話が出て、アメザリ二人がプロのレスラーであるササダンゴマシンのチョップでも耐えられるのかと南川さんにフってましたw

www.instagram.com

(その結果が放送されたあの逆水平チョップに、そして数人の芸人さんのtwitterに上がった南川さんの胸の手形になったのですw)

twitter.com

 

すると今度は木本さんから「システマって誰でもできるんやろ? 柳原でもできるんやろ?w」とまさかの柳原さんのご指名が! ナイス!
「はい、誰でもちゃんとした呼吸法をすれば…」と肯定する南川さんw

もうね、この時の柳原さんの表情が本当に面白くて可愛いくて可哀想でしたw
木本さんに指さされ名指しされた瞬間、それまでニュートラルだった表情がみるみるうちに沈んでいくのがわかりましたw 漫画でいう顔に縦線が入ってるような…w

 

すっごく嫌そうに、渋々ステージ中央に行く柳原さん。
「柳原! 久しぶりやなこういうの! あの頃を思い出すんや!w」と半笑いで言う平井さんw
「思い出すもなにも、20何年やってきてこんな事したことないわ!」と柳原さん。
そうですよねー、あんまりリアクション担当ではないですよねw

 

ササダンゴさんから右胸に思いきり逆水平チョップをくらい、後輩たちの列まで吹っ飛ばされる柳原さん。

吹っ飛ばされた直後の柳原さんの泣きそうな声にならない声(吐息?)よ……w


そして後輩たちに促されシステマを試してみるものの、「痛いです!」と正直に言ってしまうw
「ちょ、ちょっと……どっかに乳首落ちてない?」と右胸を押さえながら柳原さん。

周りの後輩たちがコンタクトのように探すw

 

相当痛かったらしく、それからステージ終わるまでずっと顔をゆがめて痛そうに右胸を押さえてたので、その様子ばかり見ていてTKOさんやほかの芸人さんの話を覚えていません…w
柳原さんはシャツのボタンを上からいくつか開けて、近くにいたコーヒールンバの二人にシャツの中を見せてました(赤くなってるか確認してもらっていた? こちらからは見えませんでした)


平井さんは特に柳原さんを心配することもなくにこやかに他の芸人さんを見ていましたw 少しだけアメザリ二人で話してましたが内容はわからず。

最後ステージからハケるとき、上手側の芸人さんからハケるんですが、柳原さんだけくるっと踵を返して、コーヒールンバやワンニャンにやつあたり(?)で肩パンしてましたw

 

以上、アメザリ贔屓なレポートでございました。

木下さんも言ってましたが、松竹にはノリにのってる芸人さんがいっぱいいます!

フジテレビさんにそれが伝わるといいなあ。


あのあと、柳原さんの胸に手形が残ったのかどうなのか非常に気になりますが、
真実は本人と後輩たちのみ知る……w


せっかく柳原さんが身体を張って頑張っていたので、少しでも放送されてくれたらよかったんですが、暑い中お台場にいった人だけの特典だったのだと考えることにしますw

 

 

【2016.08.28】

 

 

 

胸が手の形に赤くなってしまったのを、楽屋とかで後輩や平井さんに見せていたらいいのになあ、と妄想。

柳原さんはかわいそかわいい、が似合う気がするのです。けなげに頑張る姿がぐっとくるというか。

木本さんほんとナイスアシストでした……。

 

 

 

 

 

 

アメザリが売れるまでやめない予定のブログをはじめようと思う。

 

 

 

ちょうど今の時期の学生の夏休みの宿題のように、やろうやろうとは思いつつ、

先延ばしにしてきたことがあった。

 

それは「twitterで書ききれない、溢れてしまうほどのアメザリへの愛を発散する場所を作る」ということ。

形式は特にこだわりはなかった。動画でも、イラストでも、小説(非BL)でも、なんでも良かったし、なんでもやろうと思えばきっとすぐにできると思っていた。

だからこそ「どこでもいいしすぐできるだろうし、今すぐじゃなくてもいいよね」という考えに至り、今日まで先延ばしにしてきた。

 

 

ところが、人生あらゆることを先延ばしにしてきた私に、

雷撃が突然襲い来る。

 

 

「うそだろ……

アメザリが、ネタ全カットだと……」

 

 

 

 

 

8月6日。汗だくになり迷子になり、お台場を駆け抜けて見に行った、お台場夢大陸の松竹ステージ。

そこで、これからの活躍が期待される松竹の若手芸人たちと共に、今までお笑いの戦場を戦いぬいてきたTKO兄さんと、そしてアメザリが出ていて、猛暑の中素晴らしいステージを見せていただいた。

そのステージの模様が後日放送されると聞いて、私はわくわくしながら25日の深夜を待った。

 

しかし放送が始まり、若手勢のネタがばっちり放送される中、アメザリはというと、なんとネタもエンディングトークも放送なし。ちょこっと音声のない映像が六分割程度の画面に映っただけだった。

TKO兄さんは司会として映っていたからネタが放送されないのはまだわかる。(残念だけど。)

アメザリと同じく放送されなかったコーヒールンバも、まあ若手なので仕方ないか、でまだ納得できる。(ワンニャンは映っていたが。)

しかしアメザリは、ネタがアニメソングネタだったからなのか、それともつかみの話題がNHKがらみだったのがまずかったのか、単に編集が面倒だったからか、それともフジテレビになにかしら因縁があるのか、とにかく理由がいまいちわからないまま、放送されずに終わってしまった。

 

〔アニソンネタが権利の関係上面倒だから放送されにくいにしても、もしネタをやっていたのが、今人気のうしろシティだったら放送されていたのではないだろうか。〕

〔そもそも少し前のコサキン亭のときは普通にアニソンネタは放送されていたし、数年前のネタ番組だって放送はしていた。ジブリとかでも。〕

〔単純に「需要がない」と思われているんじゃないだろうか。〕

〔ネタはナレーションベースでもよかったし、ササダンゴさんVSピーマン南川さんの流れでちょっとくらい柳原さん映してもよかったんじゃ…〕

 

といったネガティブな考えがわんさかわんさか頭に出てきて、

悲しみや苛立ちがつのり、それは次第に怒りになった

テレビ局に対して? 何もできない自分に対して?

あまりその矛先は鋭くないので、向ける先がわからないけど。

 

今まで「楽しい」とか「聞いて聞いて」ばかりがものを書くことの原動力だった私に、

初めて「怒り」という爆発的な原動力が加わった。

ついに私の重い体を突き動かした。

 

このままじゃ、なんか、まずいんじゃないか!?

 

……いや、アメザリにとってはテレビに出ることが正義なんじゃない、本人たちは売れることよりも自分たちらしく活動できることを大切にしているじゃないか、我々ファンが騒ぎ立てるべきことでない。

 

でも、だからってこのまま、なんにもしないのは、私の気持ちが治まらない。

……なにか、なにかをしたい。

アメザリさんに少しでもプラスになるなにかを。

アメザリを好きになる人が増える、すでに好きな人はもっと好きになるなにかを」

 

 

私にできることなんて本当に微々たること、

世界や日本やお笑い界に与える影響なんてアリ以下。

 

でも、なんにもしないでいるよりは、

一つや二つでも「アメザリノジュヨウ」が増えたなら。

 

少しでも、「ここに必要としている人がいます!」と、

私の挙げた手が誰かの目に留まったなら。

 

それで私は「個人的に満足できる」気がしている。

 

 

だからこのブログを始めてみた。

きっかけがネガティブなものでも、

かならず素敵なものをかき集めて、書き連ねて、

アメザリの良さを伝えられるものを作れたらいいな。

 

 

 

なーーーんて、大げさなことを書いていますけど、実際このブログは、

「うへへー、アメザリさん今日も素敵だったわー」とか、

「今日も仲良しで眼福でしたわー」とか、

しょーもないことを書き連ねていくものになると思われますw

 

でも、私にとって珍しい感情=怒りに、

出会えたことは忘れずにいたいのです。

 

 

ので、だいぶネガティブになってしまいましたが、この記事をこのブログの最初に

書いてみました。

 

アメザリファンが一人でも増えるまで、

わたしはこのブログをやめない……予定です。

(予定なので、天変地異が起きたらやめるんだと思います。)

 

よろしくお願いします。

 

 

 【2016.08.28】

 

 

 

 

このブログがご本人さまに見つかったとき、

どんな顔をすればいいのかまだわからない。

あんまりきわどいことは書かないように気を付けないと…。